<   2012年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 

7月6日(金)S「ガリレイの生涯」演劇集団円

作:ベルトルド・ブレヒト、訳:千田是也、演出:森新太郎、シアタートラム。
 ブレヒトを演じたのは吉見一豊、この人、昔からじつにうまいし、特に岩松了の芝居で、この人の個性が生きていて、好きな好きな役者だった。その吉見が、ガリレイを立派に演じて、これは彼の代表作になる・・・。ゲリレイは前に、MODEの松本修演出で、柄本明が演じていて、そのガリレイもよかったが、まったく別のガリレイの人物像を創りあげたのだ・・。”英雄がいない国は不幸だ”ということばに”英雄を必要とする国は、もっと不幸だ”とガリレイは応じた・・。この応酬がこの芝居の肝だともいえるが、数学教師ガリレイは、報酬の多い学校などを渡り歩き、美味いものやワインに目がなく、娘の持参金の心配もするが、片方では下宿先の息子に物理学の初歩を教え、国や職人たちのために色々な機械を発明してあげ、なによりラテン語など読めない、職人たちの智恵の深さを認めている・・、そういうごく普通の生活者でありながら、天体物理の真理の探求心は、いかんともしがたく、やっかいな法王庁の司祭や、聖書の記述をかいくぐって学問や、その伝達にいそしまざるをえない・・、だが、神様を愛する民衆を、ガリレイはひといちばい解かってもいるのだ、そういう決して、”それでも地球は動く!と弾圧に抗して叫ぶような人物像ではないが、16世紀の複雑多岐な世界で生きた、真理につき動かされた人として吉見のガリレイはしっかり客に手渡された。奥行きの深い、無味乾燥なコンクリートの空間(美術:伊藤雅子)が時代のマチエールを感じさせ、森の演出はけっして大上段に構えず、ブレヒトのテキストの内実にそって、その複雑な劇のダイナミックスを要所をきちんと押さえて、展開して、最後の法王庁に幽閉されているときのガリレイのコトバの節々に、民衆にとって科学とはなんなのか、科学者の倫理とはなどのコトバが、いまの核物理学による惨状を思わせるとびきりのアクチュアリテイを感じさせたのだ・・。そういう成果も、演技水準が高度な円の演技陣の沢山の役をそれぞれ個性豊かに演じる背景があってこそで、高林由希子の男役などなんだかすごく面白かったし、そういう意味では森は恵まれた環境にいるね・・。
[PR]

by engekibukuro | 2012-07-07 09:47 | Comments(0)  

7月4日(水)S「コルセット」(作・演出:前川麻子)

オフイスコットーネ、ザ・スズナリ。
 アンファンテリブルの才気が持続している才女前川、ふつう名子役出身で大成するのは、男はまったくダメで女は、中山千夏のような人がいるし、前川のように小説家として一家をなし、いまも劇作、演出、女優としてマルチ活躍もしてる人もいる・・。それに一児をなした大鷹明良と別れてからも、恋おおき女でもある・・。
 今回の芝居は、伊佐山ひろ子、明星真由美、松永玲子という個性豊かな魅力たっぷりの女優、有薗芳記、白井圭太、それになんと元状況劇場の十貫寺梅軒と異色男優で、このキャステイングはプロデューサー綿貫凛さんの才腕だ・・・。
 芝居は、高校教師の話しで、国語、美術、静物、物理の教師が、国語の教師が開いている文学サロンでの交流のはなしで、(子役というのは学校が厄介で苦手なんだが、前川が学校教師の話を書くとは・・)、その交流の渦の中から、教師同士の男女関係の話に流れ・・、とうとう女教師と生徒の不純関係までエスカレートして、そうなると、学校での、よくあるポルノチックなはなしまで、すれすれで、これは前川の才気の独壇場・・。前川の台詞のきれ、ノリを役者のノリで倍加して、舞台は弾むが、さながらノリ合戦で役者のセンスが、作者のセンスをどんどん横領して、見せ場を独占しようとするような、丁々発止の面白い舞台だった・・。
[PR]

by engekibukuro | 2012-07-05 09:33 | Comments(0)  

7月2日(月)









▲柾木博行新編集長のもと新編集部による、「シアターアーツ」リニューアル<第三次>第ニ期51号を読んだ。特集=まだ一年/もう一年ー震災からの歩みと、その先へ。力作ぞろいで、読みで十分だが、特に庭山由佳ーベルリンドイツ座震災一周年プログラム「立入禁止区域 日本ー福島原発事故から一年」の報告ーが外・外国からみた日本の震災への視線、じぶんたちの問題としての対象化の各種プログラムが非常に有意義な催しであることが如実に感じられた。このフェステイバルで主要な役割を担っているのは、ドイツ在住の日本人女優原サチコさん、日本では劇団蟷螂やエロチカで活動していて、ワタシも観ていた・・。上演テクストが二つ。一つは唐十郎が、劇団唐ゼミのために書き下ろした「木馬の鼻」、それと昨年、横浜KAATで築地小劇場の杮落とし上演の演目、ゲオルグ・カイザーの「海戦」を上演した、やなぎみわの近年村山知義の業績を検証した作業の成果、原案=やなぎみわ、脚本=あごうさとしの「1924 人間機械」・・両方とも面白い・・。ほかに読みでがある劇評、ダンス評満載・・。力作の息抜きとしては扇田昭彦「ミュージカル評」がとてもステキな文章で最適・・・。
[PR]

by engekibukuro | 2012-07-03 09:21 | Comments(0)  

7月1日(日)M「骨唄」(作・演出:東憲司)トム・プロジェクト

あうるすぽっと。
 2006年初演での再々演、トム・プロジェクトの財産だ。劇団桟敷童子主宰の東の「博多湾岸台風小僧」を観たトム・プロジェクトの岡田潔プロデューサーが、東と同じ北九州出身ということもあったのだろう、東の芝居「骨唄」を高橋長英、新妻聖子、富樫真という実力も魅力も十分の役者で作り、東が小劇団の座付き作家の域を越えた(劇団の芝居の魅力とは別種の)力を示した舞台を創ったのだ・・。舞台は東の劇世界のベースである玄界灘を望む北九州・・・。劇団の芝居と同じように美術も東で、舞台前面は全面に花々と風車、舞台の奥、高見にも風車・・・。かなりの古びた家に住む村野源吾は彫物師、妻に先だたれ、娘の薫と栞は子育てを放棄して娘たちを親戚に預けてしまう、栞は薫の不注意で転倒し左耳が聞こえず、さらに精神的に失調して、薫はそのことのトラウマから逃れられない・・。音信不通の何十年後、保母になった栞の失踪の報せを受けて30歳の馨が父のもとに戻ってきた・・。栞は戻っていて、村おこしで村が開始したオーストラリアの国鳥エミュウの飼育所で働いていた・・。この村の風習に死後の人骨に彫り物を施し、家に保存する・・。彫り物師の父親の得意分野で・・。また昔、この村に流れ着いた九千坊という坊さんの言い伝え、玄界灘に向った高い岡からみえるという咲き誇る桜をが透視する蜃気楼、その岡に並んだ墓には千本の風車が回っている・・。芝居は勝って放題に生きてきた父親と、散々寂しい思いをしてきた娘とのまったく久しぶりの邂逅は、栞の精神失調を父と馨がどう救うかということが中心になり、とりあえずは千本の風車をつくるという栞の願いに3人は集中する・・。この舞台は東の劇エーリアである古い風習が残存し、新しい時代に取り残されてしまった村落での葛藤が、命の果てを望む恨みや切なさを唄った「骨唄」が主調低音になって流れ、桟敷童子製作の千本の風車が舞台を飾って、東の舞台美学の結晶のようではるが、芝居の核心は骨肉の愛だろう・・。離れ離れに生きてきて、たまたま3人が揃って、薫と父親の喧嘩は一見激しいが、骨肉の愛からは逃れられない・・。東はいろんなことどもが重なるこの芝居の骨格に肉親の愛というゆるがないものを独特の骨太のドラマにしたのが、この芝居の命・・。にもかかわらず、栞は病気に勝てず自死する・・・。高橋、新妻、富樫の3人のこの芝居の独特の魅力を創りあげた演技は賞賛に値する・・。特に男勝りみたいで、それでもなにより女らしい馨を演じた富樫が強烈な印象を残す・・。栞が死んで、また父親と別れる場面で、”ババアになっても生きろよ”という父親の別れのことばに力をこめて頷くシーンは、この舞台の真骨頂だろう・・。
[PR]

by engekibukuro | 2012-07-02 09:33 | Comments(0)  

6月30日(土)M「麻がある」(作・演出:柴幸男)

三鷹市芸術文化センター星のホール:太宰治作品をモチーフにした演劇第9回。その晩年を三鷹で過ごし太宰が眠る禅林寺はこの星のホールの斜め前にあり、6月19日の桜桃忌を中心にいまも墓参がたえない・・。この芝居のモチーフには「女生徒」がとりあげられた。
 ”太宰治は「女生徒」で、ある少女の、一日の、思考、世界を短編小説に閉じ込めました。この作品では、朝の一瞬を、そこに存在するものすべての、/思考、世界を、舞台に閉じ込めよういう朝鮮です。/語り部は、物質も、現象も、生物も、等しく扱い、時間と距離を自由に行き来し、/今、ここに、なにが、どのようにして「ある」のかを語ります。/光と音と映像は、語り手と、対等に「朝」を語り、戯曲には音階が練りこまれ、物質の同時存在を「コード」として耳に届けます”
 この柴のコトバを一人芝居の舞台作品として、柴主宰の劇団「ままごと」の俳優 大石将弘が語り部を演じての70分。
 ”朝、わたしは目を閉じています/ここは蒲団の中じゃなくて、道の真ん中、/目を閉じて、くしゃくしゃの顔をしたわたしは、/口と鼻から大量の息と少量の唾液と鼻水を吹き出しています。/   くしゃみです。”このフレーズが冒頭に来る少女の、おおくは2012年の7月の朝の状態や、通学の単線の赤い”いも虫電車”、車窓からの、このA県k町(たぶん柴の故郷の愛知県・・)を縦断する川の風景、家の家業の機織りの音、など少女の朝から派生し一日が過ぎ、また朝がめぐってくる有様を、柴の上述のコンセプトを全く成就した一人芝居のパフォーマンスとして見事な出来栄えだった。これは柴の乾いたポエジーの横溢であり、隙のない舞台上のリリックで、半円形の壁に囲まれた舞台で7色の虹が明滅し、柴の劇世界のエッセンスが鮮明に内田荒れたのだ。大石がいい・・。一人芝居とうのは、存外に客に負担感をかける難しいものなのだが、大石はきっぱりと要所々を決めて、シンプルでドライにテキストを捕らえて、なにげなく語り始め、語り終わってさっと退場、なにもひきずらず、一瞬の風のようにさわやかだった・・・・。
▲土曜、おもろ。常連呑み友達、いずれも欠席、ひとり泡盛を寂しく呑んで、寂しく帰る・・・。
[PR]

by engekibukuro | 2012-07-01 09:32 | Comments(0)