<   2013年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 

3月8日(金)★M「錬肉工房」★★S「北九州芸術劇場」

★「オイデイプス」(作 ソポクレス/高柳誠、構成・演出:岡本章、音楽:細川俊夫、舞台美術:島次郎、上野ストアハウス)。
 前作「バッカイ」に続くギリシャ悲劇上演、「現代能楽集」シリーズ、第12作、出演:桜間金記(能楽)、田中純(糸あやつり人形)、笛田宇一郎(現代演劇)、鵜澤久(能楽)、塩田雪(糸あやつり人形)、岡本章(現代演劇)、北畑麻実。地の底からの発語の断片のような声が暗い舞台からきこえてきて、詩人高柳のオイデイプスに依拠したテクストがそれぞれんの演者によって荘重に語られてゆく・・、うずくまり、ゆっくりした歩調の動きが、荘重な声音とともにオイデイプスの悲劇のトーンが醸成されてゆく、、それぞれの分野の演技の特徴が織り混ざったアンサンブルは見事なものだが、特に田中純がオイデイプスの人形をあやつって、自らの詩行の朗唱と人形の操作の一体感が目を見張るようなもので、朗唱が限度をしらず高揚しても、冷徹に操られた人形の激しくスタテイクなあったずまいで抑制されて、悲劇性が深まってゆく、さらに能楽の桜間の羊飼いとの決定的な会話は自分が徹底的な窮地への究明の悲劇性にとりつかれたオイデイプスが浮き彫りになる。桜間の語調が、この悲劇の決定的な語りだが、その感情の最高の重大事としりながら抑制された声調の世界への広がりは、古典芸能の練達者の力をまざまざと示したのだ。高柳は原作にはない星辰的イメージを導入し、同時に夢幻能の結構をとりこんだという、このことがオイデイプスの世界の、人間の根源的な悲劇性を強調するものか、やわらげたのか・・。観る側の内的葛藤を刺激するものだが・・。効果的で美しい細川の音楽、砂をまいた島の美術の印象的な簡素さ、それらが渾然一体となったハイレベルの岡本の芸術的達成のひとつの到達点だと思う。ただ、言葉の原初の発生を探る、”あ”などの言葉の断片を並べてゆく、岡本のナイーブだがユニークで魅力的な作業がうすくなっていて、それがなつかしいだけにちょっとざんねん・・。
★★「LAND→SCAPE 海を眺望著→海を展望」(作・演出:藤田貴大、プロデューサー:能祖将夫、あうるすぽっと)、北九州芸術劇場のプロデュースのシステムで、北九州小に藤田が50日滞在して、現地の役者をオーデイションし、戯曲を書き、演出した作品。小倉の町に住み、また出てゆく人々の悲喜こもごもの暮らしを、些細な断片を繰り返して、映像、音楽とともに盛り上げてゆくパフォーマンスアーツ、さらに藤田独特の舞台中央で演じる演技者を両脇の椅子にすわって仲間の演技を見ている異化の構造もあって、藤田の豊かな感性が充満したセンスが全面的にみなぎって、躍動する若い男女のとくに女性の役者たちの生命力がまぶしい舞台だった・・。
[PR]

by engekibukuro | 2013-03-09 09:13 | Comments(0)  

3月7日(木)M★キラリふじみS★★劇団1980

★「ハムレット」(作:W・シェイクシピアー松岡和子訳によるー、演出:多田淳之介、富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ マルチホール。
 多田淳之助が「ハムレット」を演出する!、しかもハムレットがポツドールの米村亮太郎、それに太鷹明良がでる・・、期待が含まらないわけがない・・。会場に入る、マルチホールの舞台に折りたたみ椅子が並び、客は三々五々と勝手に座る・・。四面の壁に、このごろ多田が多用する映像で、原文のto be or not to be・・が流れ、大鷹のクローデイアスが芝居をはじめている・・。今回は映像だけの・・と思われるほど続くが、一挙に突然役者たちが会場に乱入してきて、客が協力して半円形の空間をつくり芝居が演じられてゆく、しばらく進むと、芝居の多田が決めた折り返し点で今度は客席を二分して中間の空間で続行、そして次の移動はホールを出て、別棟のメインホールへ、がらがらの大ホールで、兄殺しの役者たちの芝居がはじまる、左側の2階のボックス席でクローデイアスが観劇、右側が右側がハムレット、この殺しのシーンでクローデイアスが激高して、席を立つ、つられて客はまたマルチホールの2階席へ、舞台の折りたたみ椅子はバラバラに散乱していた、そこでハムレットとガートルードの母子の名シーンが演じられ、あとは客席の後ろで続行、ラストの決闘のシーンは省略・・。多田の演劇は内容と手法の合致徒と背理性のバラツキがあると思っている、合致するとの会場で上演した三好十郎の「その人をしらずのような名舞台が生まれ、今年1月の平田オリザ「東京ノート」のアゴラ劇場上演では、評判ほどの作品ではないと思っていた「東京ノート」がとても内容豊かに観られて感心した。だが、この「ハムレット」は客を連れまわして、何を見せたかったのか判然としなかった。が、米村のハムレットは米村の持ち味の暗い情念の噴出した今風の、ポツドール風の演じ方で、歴然とした今を生きる魅力的なハムレットだった。これだけでこの舞台に満足した。
★★「素劇 あゝ東京行進曲」(原作:結城亮一、脚本:藤田傳、演出:関谷幸雄)、シアターχ。1993年の浅草での初演以来、300ステージ超の上演を重ねてきたハチマルの秘宝的レパートリー。昭和初期、一世を風靡した流行歌「東京行進曲」の歌姫・佐藤千夜子の波乱万丈の一代記・・。山形天童の大きな商店の妾腹の子として生まれ、”妾の子”とはやされ、東京に出て音楽学校に入り、山田耕作や中山晋平に見出され、山田、中山の数々の名曲の最初の歌い手になり成功して、ついに「東京行進曲」という大ヒットで、当時25万枚のレコードが売れた・・・、が、自分の資質を勘違いしてクラシック歌手を目指してイタリアに留学し、日本に帰ってきたちきはもう忘れられていた。あとは戦時中は軍隊慰問歌手として過ごし、戦後は零落して間違って万引き犯としての名がでて窮死する・・、素劇とは、全編を流れるなつかしの歌曲は役者連のオールアカペラ、オール口三味で
唄われ、道具は22個の黒箱と数本のロープで賄われ、ロープは汽車にも五線譜にもなり、さらに役者の腕道具でたとえば6人の役者の一人づつが、アルファベッドのV、I、C、T、O、Rの格好を作り、それがVICTORの表示になる按配で・・、このやたらに楽しい舞台はリーダー柴田義之、歴戦の異能役者里村孝雄以下、ハチマルのアンサンブルでいっせいに開花する。そして、この舞台は歌を通じての昭和の歴史の簡潔で核心をえぐる素描にもなっていて、歴史にのせられるのだった・・。
[PR]

by engekibukuro | 2013-03-08 09:32 | Comments(0)  

3月6日(水)

 昨日のKAKUTA「秘を以って成立とす」の出演者の方から、芝居の構成が”よくワカランが”と書いた書き方に大変違和感を感じたというご指摘があった。まったくご指摘どうりだと思います、反省します。
▲森美術館「天才でごめんなさい 会田誠展」を見る。会田の作品は椹木野衣が選んだ2000年の水戸芸術館での美術展ではじめて見た。ここで会田だけでなく、大竹伸朗、村上隆、ヤノベケンジ、それに飴屋法水の作品もはじめてみた。会田の作品は、「ニューヨーク爆撃図」、日の丸をつけた飛行機の編隊がニューヨークの上空で爆撃体勢の図だ。それから上野の美術館での山口晃との二人展、ここの会場で柱に会田の名で浅田彰は日本の絵画を10年遅らせた」というメッセージが張ってあってびっくりしたことをl思い出す。あとは会田の所属するギャラリーでの個展とか見て、エッセイも愛読するファンだ。その会田が森美術館で、三ヶ月も展示するとは、少女ポルノの話題もあってか大盛況・・。しかし、メジャーになっても面白い・・。会田は”絵は、意味でなく表だ”という、まさに才能の大みせびらし大会であって、そこから真摯な絵画的思考の多様さがこの展覧会をおおっていて、まれにみる充実した個展だった。始めてみた、会田が”絵画は哲学と密接な関係があるのだが読むのが大変だと”解説した作品は、カントの「判断力批判」の文庫版の全ページに落書きをした巨大な作品で目を奪われる、先ほどのニューヨークf爆撃図」が現在見ると、ナショナリズムを刺激する感じがあったり、少女から中年の女性までを色んな服装で並ばせて、その局部をぼかして素描したりするエロテイシズムもすれすれの絵だが、少女ポルノといわれている絵画群も含めて、きわどい芸術性を保有していると思う。とにかく凄い絵かきだ・・。
▲ウエス・アンダーソンの映画「ムーンライズ・キングダム」は空前絶後の傑作だ。この監督は初めて見るがなんとも書きようがないくらいとびぬけている、その独特の喜劇性、主役の12歳の男女を演じる、子役のとてつもないうまさと魅力・・。びっくりした・・。
▲渡辺京二「未踏の野を過ぎて」(弦書房)、名著「逝きし世の面影」、「黒船前後ーロシア・アイヌ・日本の三国志」を書いた人だけに、現在82歳だが、その文章の風格に打たれる。東日本大震災・原発事故について地元の人々はパニックにおちいらず対処したのに、メデイアがパニックにおちいったことを諌め、”関東大震災では十万以上の死者が出た。首都中枢が壊滅したのである。それでも日本が滅びるなどといいだすものはいなかった”と書いている。人間は太古から過酷な運命に堪え、乗り越えてきたのだと・・。
[PR]

by engekibukuro | 2013-03-07 09:43 | Comments(0)  

3月5日(火)S「秘を以って成立とす(作・演出:桑原裕子)

KAKUTA、シアタートラム。

 どこかの町のクリニック、下手が待合室で、上手がクリニック一族の住まいの座敷・・。クリニックの外では90歳の老人が、このクリニックの医者が飲ませた薬が原因で死んだ、という抗議デモの怒声・・・。このクリニックの当主の医者や、その家族や住まいの2階の下宿人、そのほか近所の人々、ほかに過去の幻の人物、突然現われる別の医者など、現在、過去の人物が錯綜してよくワカランが、この飛ばしっぷりのノリが桑原の芝居の面白さなんだろうが、今回はなんだか困惑したまま終わってしまったなあ・・、客演の清水宏は、稀代のテンションアッパーで、彼が出てくるシーンはとびぬけてサマになる・・。が、この芝居の客演では、高水準の実力俳優で熱いファンでもある円の吉見一豊がいかにも役不足で、今回の客演を楽しみにしていただけに、もっとしっかりした演技が観られる役だったらと、過剰な思い込みかもしれないが、ちょっとがっかりした・・。
[PR]

by engekibukuro | 2013-03-06 07:36 | Comments(1)  

3月3日(日)








▲与那覇潤「中国化する日本 日中「文明の衝突」一千年史」(文藝春秋)。この本はまことにユニークな本だ。近代日本が、明治維新でアジアに先駆けて西欧化した国というような常識とは、まったく異なる視点で日本を捉えていて戸惑うばかり・・。中国化とは中国の宋朝時代から連綿と続いている制度、政体のこと、これと対峙するのは日本の江戸時代、この本のキーワードのこの「中国化」と「再江戸時代化」という概念が頻繁に往復して、強調点が各ページでゴシックで踊っていて、本のビジュアルということでも、ずいぶんユニーク・・。ただ、この人は「帝国の残影ー兵士・小津安二郎の昭和史」という本を書いたくらいの映画研究者でもあって、読者の理解を助けるために様々な映画やアニメを援用するのだが、「中国化」と「再江戸時代化」という概念が、きちんと収まりにくく、隔靴掻痒のような戸惑いが崩れなかったが、なにかとても大事なことが書いてあることは充分感じられた、再読・精読の機会をもつべき本だ・・。中国の巨大な不可解さが迫ってきて、日本はただただうろたえるばかり・・・からの脱却か・・。
[PR]

by engekibukuro | 2013-03-04 08:30 | Comments(0)  

3月2日(土)M「ルル」(演出・脚色:シルヴィウ・プルカレーテ

ルーマニア国立ドウ・スタンカ劇場、東京芸術劇場プレイハウス特設ステージ。

 プレイハススの上に馬蹄形の舞台をつくり、さらに上の階で3人の女性楽士が演奏し、観客は舞台を3層の壇上から囲んで観る・・。「ルル」はドイツの劇作家フランク・ヴェデキントの「地霊」と「パンドラの箱」の二部作を1つにまとめたのがこの作品。それをさらにプルカレーテが脚色したオウルカレーテ版の上演だ。ルルは貧民街からシェーン博士に拾われて、妖艶きわまる美女に育ち、博士の愛人になるが、医事顧問官や写真家と結婚させるが、彼らは次々に死んでゆくのだ・・。博士と再々婚sるが、自殺を迫る博士を射殺し、同性の伯爵令嬢にも迫られて、フランスさらにイギリスに逃亡し、ついにルルに入れあげて破滅した演出家や義父などに追い詰められ、最低の売春婦なになってイギリスで変質者に切り裂かれて・・死ぬ・・までの一代記。ヨーロッパ中の演劇賞を総なめにしたルーマニアの俊才演出家の演出は、それはそれは見事なもので、ルーマニア語をイアヤホーンの和訳できかず、言葉がじかに解かればどんなにいいだろうと思った。人気・実力ともスタンカ劇場を代表するルルを演じたオフェリア・ホピも凄い・・、その一目で男を虜にする激烈な妖艶さは乳房が上から覗けるるような下着姿で現われた瞬間から、「ルル」の濃厚な時間がはじまる・・。無論、オフェリア・ホピの周りの男たちを演じる男優たちもスタンカ劇場の実力をはっきり示していて、プルカレーテの冴えた舞台のおおきな担い手になっていた・・。この東欧の小国ルーマニアの地霊のようなファム・ファタール(悪女)が生き、男どもを破滅させた物語は、ルーマニアの暗鬱な風土をも感じさせて、ルーマニカの演劇の独自性が際立つのだが、その独特の力が反転してアジアのさして大きくない国の日本の演劇の独自性への思いが募ったのだった・・・。
▲おもろ。中川君、カップルの常連、松坂はオープン戦で打たれてメジャーには戻れない・・、やっぱり日本のピッチャーの大リーグでの活躍は野茂だねえ・・など、など・・。
[PR]

by engekibukuro | 2013-03-03 11:00 | Comments(0)  

3月1日(金)★M あうるすぽっと★★S RシアターkAZE

★「セールスマンの死」文学座(作:アーサー・ミラー、訳:酒井洋子、演出:西川信廣)。
 この芝居は思い入れれがありすぎて・・・、10代の演劇開眼の芝居、感動して終わってから劇場の周りをぐるぐる歩いてまわった記憶がいまでも鮮明。今回の主人公・ウイリー・ローマンはたかお鷹、妻リンダが冨沢亜古、長男ビフが鍛冶直人、次男ハッピーは林田一高。私が観た劇団民藝では訳・演出:菅原卓、ウイリーが滝沢修、リンダが小夜福子、ビフは宇野重吉、ハッピーが佐野浅夫だった。そういう芝居だから一抹の不安があったが、その不安は杞憂だった・・。まず驚いたのは、初演を観た時代では、アメリカでは常態だった電化製品もローンも、そのころの日本ではまだ殆ど無くて、ただ資本主義社会での使い捨てのセールスマンの悲惨さを、観念的に理解し、それに準じて滝沢の名演技に酔っていたらしい・・・、今では電化製品は巷にあふれ、使い捨ての派遣労働者の不安定な暮らしは常態化している。こういう時代だから、たかお鷹のウイリーは今の日本での状況の中では、等身大のセールスマンとして身につまされるような肌にぴったりの演技だったのだ。演出の西川が、パンフに”演劇は時代を映す鏡だが、ときに時代がある演劇作品を求めることがある。「セールスマンの死」はいまの時代が求めている作品である”と書いていたのはまったくそのとおりだ。ただ、初演ではウイリー一家も、ビフがハイスクールのフットボールのスターだったころはとっても明るくて、アメリカンドリームという夢の明るさが際立っていた。隣家の息子が秀才の堅実な勤め人のチャーリーをうらやましがらせていたのだが・・、その時代の明るさと現在の暗さが瞬間的に明滅するところがこの芝居の骨なのだが、今回はその明るさの部分が不足していたとおもう、これも現在の雰囲気のなせることかな、また、長男尾ビフの凋落のキッカケになったシーン、ビフが数学のテストに落ちて落第しかかって、そのことの報告と学校へ挽回の働きを父に頼みに出張先のボストンのホテルに行くと、ホテルの部屋に女がいて父が女に母親のスットキングを渡しているのを目撃してしまう、母親はストッキングを繕い繕い、大事にはいているのに・・。それが一生のトラウマになり、父への反目はウイリーが自動車自殺を遂げるまで続く・・、このシーンは直視するのが男の子にとっては堪えられないくらいの悲劇性をもったシーンなのだが、今回もビフがウイリーがいる部屋のドアをどんどんたたき出したあたりから、下を向いてしまった・・。
★★「ゴドーは待たれながら」ルーマニア国立ラドウ・スタンカ劇場(作:いとうせいこう、構成・演出・出演:古木知彦)。スタンカ劇場の日本人俳優の古木の一人芝居、ごちゃごちゃいろんなな家具やものが散らかっている部屋が舞台だが、なにやらやたらに喚き散らしているだけで、よくわからない芝居だった、春にケラ演出で大倉孝二出演での公演があるから、それを観てテクストを含めて再考の機会のなればと思う・・・。
[PR]

by engekibukuro | 2013-03-02 11:06 | Comments(0)  

2月28日(木)★M 扉座★★ARICA

★「つか版・忠臣蔵ースカイツリー篇」(原作:つかこうへい、脚本:横内謙介、扉座、すみだパ-クスタジオ)
 この芝居は幻冬舎プレゼントというクレジットが付く・・。1987年の扉座の前称「善人会議」の芝居、横内作・演出の紀伊国屋ホールで上演した「夜曲ー放火魔ツトムの優しい夜・」に当時角川書店にいた、幻冬舎社長見城徹が感動して、横内の戯曲集を出版し、劇団の岡森諦などの座員を角川でバイトをさせて援助していた・・、その見城がこの芝居の初演を観て感動して、幻冬舎がスピンサーになって再演したのだ。スカイツリーの真下の開場は、むんむんするほど満員で、座員の若い衆が、幻冬舎煎餅や扉座問い鯛焼きなどの賑やかな物品販売して、つか芝居全盛期を思い出させて、晴れやかに開幕する、つかの「熱海殺人事件」を観なかったら芝居なんかやらなかっという、岡森や横内にとっては、つかは神様で、客演の山本亭、武田義春はつかの劇団にいた、つかプロパー、つかテンションをいやがうえにも盛り上げて、多分つか芝居をはじめて観たらしい若い客をびっくりさせていた。岡森ももうベテランの貫禄で、大ブレイクしている六角精児は出ていないが、見城が感動した「夜曲」の主演は六角で、私はそのとき六角の相手を演じた中原三千代が、こぬ芝居でも将軍綱吉の母を演じていて小柄がかえって凄みを増す大貫禄でおおいに感じいった次第である・・。
★★「ネエアンタ」(inspired by Samuel Becket ,演出・テクスト構成:藤田康城、テクスト協力:倉石信乃、出演:山崎広太、安藤朋子)
 久しぶりの山崎広太だ・・。が、この名ダンサーは藤田の「踊らないダンスに興味がありますか?」という問いに「ダンサーにとって、踊らないことで成立するダンスが、最終的な目標ではないかな」と答えた、この舞台はサミュエル・ベケットの「ねえジョウ」という作品から藤田が触発されたものだ、真っ白い舞台、奥にカーテンがかかった窓、上手にドア、左の壁際に冷蔵庫m明滅する裸か電灯、奥の壁に接してzベッド・・。山崎はベッドに座ってういる、どこから女の声、アンタのさんざまな行状を恋を、セックスを問いただしすような、どんよりしたような、ねばっこい口調の声がベッドの男の表情を暗く静かに変化させる、思いついたようにドアを男は半開きにしたり、時に冷蔵庫をあけて首をつっこむ・・、そのたびに伝統が暗度を変化させて・・。そして女は絶え間なくしゃべって、ドアに一寸顔を出し、また冷蔵庫の陰にほそむ。。、女が舞台に出てきてベッドに座り、足をエロチックに露出させたり、山崎が身体をダンスとみまがう激しい動きをするのは瞬時だ・・。
激しいダイナミズムを内包した表面はスタテイックク漣みだ・・。これはなんなのだ・・、山崎の変化する表情のダンス・・・、安藤のねばっこい声のアンタ節・・・、ダンスにも演劇にも現実にも還元されない名ずけようがないパフォーマンス、宙に浮いて、限りなく現実を避けつづけ、また現実を直撃する類をみないベストパフォーマンスで、ARICA・山崎の素晴らしいコラボレーションだった。
[PR]

by engekibukuro | 2013-03-01 12:43 | Comments(0)