人気ブログランキング |

<   2017年 01月 ( 37 )   > この月の画像一覧

 

1月4日(水)



 三が日が過ぎてホットする。老人には正月は、なにか余計な感じがする。
1月の観劇予定、今年の1月は例年より多いし、期待作も多い。
野田マップ「足跡姫」、二兎社「ザ・空気」など、いまからワクワクする・・。
夕方、平常営業に戻った、行きつけのカフェへ。サーバー「傍迷惑の人々」読み続ける。

・明日は、新春初競馬の東西の「金杯」がある。その予想も・・。

by engekibukuro | 2017-01-05 09:42  

1月4日(水)



 三が日が過ぎてホットする。老人には正月は、なにか余計な感じがする。
1月の観劇予定、今年の1月は例年より多いし、期待作も多い。
野田マップ「足跡姫」、二兎社「ザ・空気」など、いまからワクワクする・・。
夕方、平常営業に戻った、行きつけのカフェへ。サーバー「傍迷惑の人々」読み続ける。

・明日は、新春初競馬の東西の「金杯」がある。その予想も・・。

by engekibukuro | 2017-01-05 09:42  

1月3日(火)


 我が家は、お屠蘇はシェリー酒にしているが、シェリーを飲んでしまってので、年代物の梅酒に替える。女房が毎年作ってきたのだが、できるるとオレが飲んでしまうので、隠されていたもので・・。うまい。

 大学の英語のテキストで「ダム騒ぎ」という小説を読んで面白かった、ジェームス・サーバーの短編集「傍迷惑(はためいわく)な人々」が、光文社の古典新訳文庫で出ていたので、買って読みだす。「ニューヨーカー」の常連作家で、故郷のコロンバスのことを書いているのだが、とてもしゃれていて面白い・・。

・三が日が終わった。女房の心ずくしのおせちも、余ってしまう・・。晩はカレーライスで終わった。おいしく食べられた・・。

by engekibukuro | 2017-01-04 07:34  

1月2日(月)

 
・板橋の毎年行く松月院へ・・。毎年行く初詣・・。いつもは20分ぐらいで行けるのだが、今年はうあたらに時間がかかった。つくづくトシの老齢化の厳しさを感じる。僅少さい銭で必死に、今年の無事を祈る。

・午後、東長崎の自分が育った家に・・。今年は亡くなった弟の妻が家を三階建ての家に建て替えた。この家に義妹、甥夫婦と赤ちゃん、姪夫婦が住む。岡山に住んでいる上の姪、それと亡くなった妹の娘二人が集まり、正月の祝賀・・・。陽光がさんさんと大きな窓からそそいでいる部屋は、自分の育った家の面影はないが、著述業だった父が資料を広げていた大きなテーブルは残っていて、その100年たったテーブルで新年の食事・・。

by engekibukuro | 2017-01-03 12:05  

1017年1月1日



 明けましておめどうございます。今年もよろしく!

 7歳と5歳の男の孫がきて、大騒ぎ・・・。こちらはたじたじで、すぐに酔っぱらって、寝てしまう。ジジイ度がどんどん上昇、今年があやぶまれぞ!ちゃんとしなきゃ!

by engekibukuro | 2017-01-02 08:03  

12月31日(土)

 
 。昨年の観劇総本数は208本でした。9月に入院したこともありますが、このトシでゆくみたかな・・。昨年のポイントは年末に見た、「地点」の「桜の園」でした。今年は「地点」をみよう、1月の早稲田大熊講堂での「ロミオとジュリエット」が楽しみです。
 ピエール・ルメール作「傷だらけのカミーユ」を読了。この身長145センちの警部の、ややこしいい事件の解決なと、画家の母の遺したアトリエを改造した森のそばの家のまきストーブをどんどん燃やしてくつろぐラストはなかなかのものだった。
 紅白にあきてチャンネルを回したら、没後20年の武満徹の作曲、谷川俊太郎作詞の「死んだ男の残したものは」を壮村清志のギターで小林沙織の歌で聴く、素晴らしい!が、また紅白に戻して石川さゆりの「天城越え」を聞くと、これもいい・・・。
 とにかく、このつたないブログを読んでくださった皆さん、来年もよろしく!

by engekibukuro | 2017-01-01 08:42  

12月31日(土)

 
 。昨年の観劇総本数は208本でした。9月に入院したこともありますが、このトシでゆくみたかな・・。昨年のポイントは年末に見た、「地点」の「桜の園」でした。今年は「地点」をみよう、1月の早稲田大熊講堂での「ロミオとジュリエット」が楽しみです。
 ピエール・ルメール作「傷だらけのカミーユ」を読了。この身長145センちの警部の、ややこしいい事件の解決なと、画家の母の遺したアトリエを改造した森のそばの家のまきストーブをどんどん燃やしてくつろぐラストはなかなかのものだった。
 紅白にあきてチャンネルを回したら、没後20年の武満徹の作曲、谷川俊太郎作詞の「死んだ男の残したものは」を壮村清志のギターで小林沙織の歌で聴く、素晴らしい!が、また紅白に戻して石川さゆりの「天城越え」を聞くと、これもいい・・・。
 とにかく、このつたないブログを読んでくださった皆さん、来年もよろしく!

by engekibukuro | 2017-01-01 08:42