人気ブログランキング |

<   2018年 09月 ( 160 )   > この月の画像一覧

 

9月27日(木)M★「ドキュメンタリー」・★★堀切克洋 句集「尺とり(難漢字)の道」

★作:古川健、演出:日澤雄介、劇団チョコレートケーキ企画公演、小劇場 楽園
”1985年、後天性免疫不全症候群いわゆるAIDSの脅威が日本の水面下に拡大しつつあった。とある製薬会社の社員の一人がジャーナリストに内部告発をお行う。そしてジャーナリストと社員は日本医学界会の深い闇を知る・・”告発する社員を浅井伸治、ジャーナリストを西尾友樹、今は開業医の医者を岡本篤が演じる会話劇。社員の告発するのは、自分の会社の血友病の薬剤についてだが、社員とジャーナリストは参考人として元その会社の社員で今は開業医の医者の話を聞く・・。その医者の話で、その会社の社長が、日中戦争のとき捕虜をマルタといって生きている人間を人体実権をしたいわゆる731部隊に関わっている人物だということが浮上してくる。密度の濃い充実した会話劇で、製薬会社の闇が浮上してくる。特に岡本の演じる開業医の話は、岡本の深い内省を感じさせる演技で感銘を受けた。
★★堀切克洋君は、初句集を出し、俳句の世界で新しい出発点を築き、演劇の世界でも雑誌「悲劇喜劇」の11月号から小山内伸さんとの対談で「演劇時評」を担当する。両方の世界で前途有望である・・。
 句集の自薦十句 ・紅梅を絵筆の先にふくらます・鳥雲に結婚離婚すべて紙・胸に抱く子と春眠をわかちあう・行先を食べはじめたる蝸牛 ・どちらかといえば汗かく人が好き・シャンパンの函は柩に似て晩夏・名月に近づいてゆく昇降機・露の玉こはるるかでを歪みけり
・畳まれて沖とほくある屏風かな・大根のおでんが好きで国憂う
「凡そ君と」お休み

by engekibukuro | 2018-09-28 10:00  

9月27日(木)M★「ドキュメンタリー」・★★堀切克洋 句集「尺とり(難漢字)の道」

★作:古川健、演出:日澤雄介、劇団チョコレートケーキ企画公演、小劇場 楽園
”1985年、後天性免疫不全症候群いわゆるAIDSの脅威が日本の水面下に拡大しつつあった。とある製薬会社の社員の一人がジャーナリストに内部告発をお行う。そしてジャーナリストと社員は日本医学界会の深い闇を知る・・”告発する社員を浅井伸治、ジャーナリストを西尾友樹、今は開業医の医者を岡本篤が演じる会話劇。社員の告発するのは、自分の会社の血友病の薬剤についてだが、社員とジャーナリストは参考人として元その会社の社員で今は開業医の医者の話を聞く・・。その医者の話で、その会社の社長が、日中戦争のとき捕虜をマルタといって生きている人間を人体実権をしたいわゆる731部隊に関わっている人物だということが浮上してくる。密度の濃い充実した会話劇で、製薬会社の闇が浮上してくる。特に岡本の演じる開業医の話は、岡本の深い内省を感じさせる演技で感銘を受けた。
★★堀切克洋君は、初句集を出し、俳句の世界で新しい出発点を築き、演劇の世界でも雑誌「悲劇喜劇」の11月号から小山内伸さんとの対談で「演劇時評」を担当する。両方の世界で前途有望である・・。
 句集の自薦十句 ・紅梅を絵筆の先にふくらます・鳥雲に結婚離婚すべて紙・胸に抱く子と春眠をわかちあう・行先を食べはじめたる蝸牛 ・どちらかといえば汗かく人が好き・シャンパンの函は柩に似て晩夏・名月に近づいてゆく昇降機・露の玉こはるるかでを歪みけり
・畳まれて沖とほくある屏風かな・大根のおでんが好きで国憂う
「凡そ君と」お休み

by engekibukuro | 2018-09-28 10:00  

9月27日(木)M★「ドキュメンタリー」・★★堀切克洋 句集「尺とり(難漢字)の道」

★作:古川健、演出:日澤雄介、劇団チョコレートケーキ企画公演、小劇場 楽園
”1985年、後天性免疫不全症候群いわゆるAIDSの脅威が日本の水面下に拡大しつつあった。とある製薬会社の社員の一人がジャーナリストに内部告発をお行う。そしてジャーナリストと社員は日本医学界会の深い闇を知る・・”告発する社員を浅井伸治、ジャーナリストを西尾友樹、今は開業医の医者を岡本篤が演じる会話劇。社員の告発するのは、自分の会社の血友病の薬剤についてだが、社員とジャーナリストは参考人として元その会社の社員で今は開業医の医者の話を聞く・・。その医者の話で、その会社の社長が、日中戦争のとき捕虜をマルタといって生きている人間を人体実権をしたいわゆる731部隊に関わっている人物だということが浮上してくる。密度の濃い充実した会話劇で、製薬会社の闇が浮上してくる。特に岡本の演じる開業医の話は、岡本の深い内省を感じさせる演技で感銘を受けた。
★★堀切克洋君は、初句集を出し、俳句の世界で新しい出発点を築き、演劇の世界でも雑誌「悲劇喜劇」の11月号から小山内伸さんとの対談で「演劇時評」を担当する。両方の世界で前途有望である・・。
 句集の自薦十句 ・紅梅を絵筆の先にふくらます・鳥雲に結婚離婚すべて紙・胸に抱く子と春眠をわかちあう・行先を食べはじめたる蝸牛 ・どちらかといえば汗かく人が好き・シャンパンの函は柩に似て晩夏・名月に近づいてゆく昇降機・露の玉こはるるかでを歪みけり
・畳まれて沖とほくある屏風かな・大根のおでんが好きで国憂う
「凡そ君と」お休み

by engekibukuro | 2018-09-28 10:00  

9月27日(木)M★「ドキュメンタリー」・★★堀切克洋 句集「尺とり(難漢字)の道」

★作:古川健、演出:日澤雄介、劇団チョコレートケーキ企画公演、小劇場 楽園
”1985年、後天性免疫不全症候群いわゆるAIDSの脅威が日本の水面下に拡大しつつあった。とある製薬会社の社員の一人がジャーナリストに内部告発をお行う。そしてジャーナリストと社員は日本医学界会の深い闇を知る・・”告発する社員を浅井伸治、ジャーナリストを西尾友樹、今は開業医の医者を岡本篤が演じる会話劇。社員の告発するのは、自分の会社の血友病の薬剤についてだが、社員とジャーナリストは参考人として元その会社の社員で今は開業医の医者の話を聞く・・。その医者の話で、その会社の社長が、日中戦争のとき捕虜をマルタといって生きている人間を人体実権をしたいわゆる731部隊に関わっている人物だということが浮上してくる。密度の濃い充実した会話劇で、製薬会社の闇が浮上してくる。特に岡本の演じる開業医の話は、岡本の深い内省を感じさせる演技で感銘を受けた。
★★堀切克洋君は、初句集を出し、俳句の世界で新しい出発点を築き、演劇の世界でも雑誌「悲劇喜劇」の11月号から小山内伸さんとの対談で「演劇時評」を担当する。両方の世界で前途有望である・・。
 句集の自薦十句 ・紅梅を絵筆の先にふくらます・鳥雲に結婚離婚すべて紙・胸に抱く子と春眠をわかちあう・行先を食べはじめたる蝸牛 ・どちらかといえば汗かく人が好き・シャンパンの函は柩に似て晩夏・名月に近づいてゆく昇降機・露の玉こはるるかでを歪みけり
・畳まれて沖とほくある屏風かな・大根のおでんが好きで国憂う
「凡そ君と」お休み

by engekibukuro | 2018-09-28 10:00  

9月27日(木)M★「ドキュメンタリー」・★★堀切克洋 句集「尺とり(難漢字)の道」

★作:古川健、演出:日澤雄介、劇団チョコレートケーキ企画公演、小劇場 楽園
”1985年、後天性免疫不全症候群いわゆるAIDSの脅威が日本の水面下に拡大しつつあった。とある製薬会社の社員の一人がジャーナリストに内部告発をお行う。そしてジャーナリストと社員は日本医学界会の深い闇を知る・・”告発する社員を浅井伸治、ジャーナリストを西尾友樹、今は開業医の医者を岡本篤が演じる会話劇。社員の告発するのは、自分の会社の血友病の薬剤についてだが、社員とジャーナリストは参考人として元その会社の社員で今は開業医の医者の話を聞く・・。その医者の話で、その会社の社長が、日中戦争のとき捕虜をマルタといって生きている人間を人体実権をしたいわゆる731部隊に関わっている人物だということが浮上してくる。密度の濃い充実した会話劇で、製薬会社の闇が浮上してくる。特に岡本の演じる開業医の話は、岡本の深い内省を感じさせる演技で感銘を受けた。
★★堀切克洋君は、初句集を出し、俳句の世界で新しい出発点を築き、演劇の世界でも雑誌「悲劇喜劇」の11月号から小山内伸さんとの対談で「演劇時評」を担当する。両方の世界で前途有望である・・。
 句集の自薦十句 ・紅梅を絵筆の先にふくらます・鳥雲に結婚離婚すべて紙・胸に抱く子と春眠をわかちあう・行先を食べはじめたる蝸牛 ・どちらかといえば汗かく人が好き・シャンパンの函は柩に似て晩夏・名月に近づいてゆく昇降機・露の玉こはるるかでを歪みけり
・畳まれて沖とほくある屏風かな・大根のおでんが好きで国憂う
「凡そ君と」お休み

by engekibukuro | 2018-09-28 10:00  

9月26日(水)

・朝日新聞の磯崎憲一郎の「文芸時評」で、群像十月号の紗倉はまの「春、死なん」を評価していた。紗原は現役の私は知らなかったが、現役の人気AV女優だそうだ。それで図書館で読んで見た。”妻に先だたれ、、二世帯住宅に住んでいるはいるものの息子家族との交流はほとんどなない、七十歳の主人公の、周囲には理解されない心身の不調の苦しみと年齢を重ねても抜け出せない業(ごう)のようなものが、臆することなく描かれている。”(磯崎評)。まさにそのような小説だった。特に主人公が、昔の大学の短歌サークルの女ともだちと久しぶりに偶然会ったエピソード、その当時一回だけ寝たことのある友達で、再会したときの食事して成り行きでホテルに行く・・。その帰りに道に公園があり、その彼女が、鉄棒で坂上がりをして、ベージュ色のパンツがみえた・・・。七十歳の男のななんとも言えない寂寥感が生々しく伝わってきた・・。読みでのある小説だった・・。
「凡そ君と」句:”生盆の胸に小鳥のアップリケ”、“晩婚もいつ課金婚生身魂“・・・

by engekibukuro | 2018-09-27 10:03  

9月25日(火)

リチャード・ロイド・バリー著「津波の霊たち 3・11 死と生の物語」(早川書房)を読んだ。著者はイギリスのザ・タイムスの東京支局長だ。東日本大地震、津波による被害、特に石巻市の大川小学校のことなど、知り学ぶことの多い本だということはもちろんだったが、この本は日本及び日本人について改めて目を開かせてくれた本だった。真のジャーナリストとは、この本の著者のことをいうのだと心から思った。
「凡そ君と」句:”盆東風や島の女のおくれ髪”、”アメリカ人の来ている盂蘭盆会“・・

by engekibukuro | 2018-09-26 09:29  

9月24日(月)

10月の観劇予定、例年のことだが、10月、11月は公演がすさまじいくらい多い。その中から選ぶのは大変・・。招待していただいている芝居は、できるだけ観るつもりなのだが・・。10月は前川知大脚本・演出で佐々木蔵之介と白石加代子の出演する、東京芸術劇場で上演する「ゲゲゲの先生へ」がとくに楽しだ。
「凡そ君と」句:”中元のはみ出している紙袋”、”アンドロメダより星屑のお中元”


by engekibukuro | 2018-09-25 09:18  

9月24日(月)

10月の観劇予定、例年のことだが、10月、11月は公演がすさまじいくらい多い。その中から選ぶのは大変・・。招待していただいている芝居は、できるだけ観るつもりなのだが・・。10月は前川知大脚本・演出で佐々木蔵之介と白石加代子の出演する、東京芸術劇場で上演する「ゲゲゲの先生へ」がとくに楽しだ。
「凡そ君と」句:”中元のはみ出している紙袋”、”アンドロメダより星屑のお中元”


by engekibukuro | 2018-09-25 09:18  

9月24日(月)

10月の観劇予定、例年のことだが、10月、11月は公演がすさまじいくらい多い。その中から選ぶのは大変・・。招待していただいている芝居は、できるだけ観るつもりなのだが・・。10月は前川知大脚本・演出で佐々木蔵之介と白石加代子の出演する、東京芸術劇場で上演する「ゲゲゲの先生へ」がとくに楽しだ。
「凡そ君と」句:”中元のはみ出している紙袋”、”アンドロメダより星屑のお中元”


by engekibukuro | 2018-09-25 09:18