6月28日(月)M「峯の雪」(作:三好十郎、演出:児玉庸策)

劇団民芸、紀伊国屋サザンシアター。昭和19年に書かれた没後発表作。九州の陶工の名人が、国策により軍事用品の碍子をつくることを要請されて、名人気質の美意意識がそれを拒み、弟子に任せて自分は百姓として生きることを選ぶ・・・。が、弟子や長女の苦労、可愛がっていた近所の青年の出征、蒙古に行って最前線で国のために働く次女の里帰りなどで、頑固な拘りが揺らいで、最後に国策に沿うことに・・・。間に近所の名人に失望した悪酒の陶工仲間や、弟子と娘達の恋の軋轢、鑑定依頼の美術商のはなしなどがちりばめられて、戦時期の日本人の暮らしが浮かび上がる。しっかりした芝居だ。三好の芝居の価値を再確認させた舞台だった。なにより三好の個人と国家の間で折り合おうとする必死の誠実さが胸を打つ。そして日本人の良質のメンタリテイが登場人物にしなわっていることにも打たれる。それに三好はあざといくらい芝居つくりが巧い。客を舞台に釘付けにするワザをたっぷり心得ている。それを児玉がてらいなく正攻法の新劇のリアリズムで演出し、俳優達がきちんと応えている舞台はもっとも良質の「新劇」のサンプルといっていい。歌舞伎同様、日本の演劇の伝統に「新劇」がしっかり位置していることを示した舞台だった。若い人たちにぜひ見てほしい芝居だ。岡田利規の舞台を観るのと両立させる幅の広い観劇が望まれる。古い、新しいといっている時代ではなくなっている。個々の舞台を観るしかないのだ。内藤安彦の名人は沈着無類、他の俳優も若手まで役の人物になりきっている。民芸は大滝秀治と奈良岡朋子だけだみたいな謬見は完全に消えた。

▼メモ。今回の民芸のパンフレットも立派なものだった。「総戦下の三好十郎」鶴見俊輔、「三好十郎のこと」吉本隆明、「戯曲集「峯の雪」あとがき草稿」三好十郎、「三好十郎という個性」大笹吉雄、それに毎回のパンフの目玉の木村隆のインタビュー、”シリーズ 会いたい”は今回は長女を演じた中地美佐子さん。いずれもたっぷり読み応えがある。
[PR]

# by engekibukuro | 2010-06-29 11:22 | Comments(0)  

6月27日(日)M「Limit」『構成・ 演出:木村真悟)

ストアハウスカンパニー、日暮里・d-倉庫。長年の江古田の根拠地が使用できなくなり、カンパニーの初の外部の劇場での公演。客席の傾斜が急で舞台を見下ろす感じはまるで江古田と違う。木村はこのタッパの高い劇場の特性を巧く活かしていた。開幕、音楽がいつものアップテンポのジャズ風のものではなく、”エリーゼのために”が聴こえて来たから意表を衝かれる。9人の男女がぐるぐる歩き回っているうちに、客席に固まって進みだす。その行列は暗く追い詰められた感じで、まるで強制収容所へ追われて行くようだ。突然一人が横向きに倒れる。あとはその連鎖でバタバタ倒れてゆく。また固まって一人が千昌夫の「北国の春」をがなるように歌う。突如白い幕が下ろされ、客席が遮断されたあとは幕に写るビデオ映像で9人の思い思いの動きを見せる。そのうち一人が消えた。音楽がいつものアップテンポのものに変わり、幕がとれて天井から古着のかたまりが落ちてきて、それぞれがソレを着て仮装しだす。ラストに色とりどりの古着で仮装した群れに、さっきの消えた男がバッチリしたスーツ姿で犬をつれて戻ってきた。一切はこの男の幻想か、この男が集団の幻想か・・・。犬の自然な居方が虚構をあざ笑っているようで・・。木村の独創的な発想による身体パフォーマンスは、この劇場で別種の展開をみせて面白い舞台だった。この集団の芯は、与えられたシチエーションでパフォーマーたちが、どんな思念・感情ををこめるかにあって、その強度が決め手になっていると思う。ストアハウスの活動はまだまだ”Limit"は遠いと思わせた上演だった。
▼メモ。d-倉庫は素敵な劇場だね。ロビーには広いテーブルがあり、灰皿があり、売店ではビールが買え、舞台も集中できる独創的な構造だ。居心地がいいのは東京の小劇場では最高だ。
・谷岡健彦さんの週刊金曜日の俳句欄で選ばれた俳句を紹介する。題は蛍・・”ほうたるをのせてやさしきたなごころ”。かなだけの感じがとてもいい。
・宝塚祈念ー競馬は騎手ではないと、何回も思ったのに・・・。
[PR]

# by engekibukuro | 2010-06-28 12:04 | Comments(0)  

6月26日(土)M「春の光」(作・演出:長谷川孝治

弘前劇場、アサヒ・アートスクエア。春、結婚式が執り行なわれる神社の控え室が舞台。無論青森の神社。この控え室は新郎の同僚や関係者の部屋らしい。部屋での主とした話題は一ヵ月後に開催する映画祭の準備のこと・・。巫女だとか式の司会者だとかも出入りし、旧知との邂逅とか、親子の軋轢とか控え室は式だから久しぶりに会う破目になった人々の問題があり、なんだか変に煮詰まってくる・・。控え室に集約された地方の生活はもう東京では失われた率直で裏表がない豊かな人間関係が舞台を覆ていて、それを感じるだけでホットする。津軽弁、長谷川独特の薀蓄、時に舞台を横切るリリカルな線、この長谷川の芝居の三種の魅力は備わっているが、地方の習俗からなのか、結婚式、披露宴、2次会?この控え室でどの会を控えているのか判然としないのが一寸もどかしい。左右同時進行の平田オリザ流の展開も、ざわざわした雰囲気醸成に効果的だったが、とにかく春の光とともにその一日は終わったようだ。

▼メモ。土曜日、おもろの日。カップル、中川君、久しぶりの岸本さん。無論、日本中がそうなんだと思うが、飲み屋の話題は、もっぱらサッカーの話し。岡田バッシングが崩れたのが悔しいのか、フロックだとか、相手GKの判断ミスだとかいう、サッカー評論家がいるとか・・・。おかげで泡盛きまりの2杯を一杯増やしてたちどころに化学変化・・。
[PR]

# by engekibukuro | 2010-06-27 08:08 | Comments(0)  

6月25日(金)S「ザ・kyラクター」(作・演出:野田秀樹

NODA・MAP、東京藝術劇場。劇場の芸術監督に就任して初めてのロングランの本公演。池袋の風景が変わるだろう。野田の芝居としては暗い内容である。オーム真理教のことが歴然とわかる芝居。麻原にあたるのは古田新太扮する書道の家元。芝居は習字、漢字、半紙、墨など書道のイメージが乱舞する。パソコンの文字と書道の文字の比較。墨で塾生に署名の稽古をさせて、家元はそれを悪用して財産を奪う。現今の日本人の精神の劣化を糾すメッセージが伏流する芝居だが、野田らしく単色を排してギリシャ神話の神々にを登場人物を変身させて舞台を盛り上げる。「ロープ」のヴェトナム戦争と同じく、過去の事件の痕跡の究明から現在に光をあてる問題意識がなまなましく、野田の危機感を如実に感じる。ただ、この書道教団内外の人間関係が一寸わかりにくい。主役宮沢りえは存在感に充ち素晴らしい意が、いまひとつ人物像が不透明なのが残念。しかし、真摯でイメージ豊かな舞台であり、池袋の文化が豊かになった。

▼メモ。ワールドサッカーを見て寝不足の一日。劇場であった村井健さんも同じだと・・・。
[PR]

# by engekibukuro | 2010-06-26 11:41 | Comments(0)  

6月23日(水)M「6週間のレッスンン」あうるすぽっと

作:リチャード・アルフイエリ、演出y:西川信廣。フロリダのコンドミニアムに住む老婦人リリー・ハドソン(草笛光子)は出張個人レッスン「6週間でマスターする6つのダンスレッスン」を申し込む。この芝居はダンスのインストラクター、マイケル・ミネッテイ(太川陽介)とのダンスを介しての交流を描く。第1週はスウイング、2週はタンゴ、3週はワルツ、4週はフォックストロット、5週はチャチゃチャ、6週はコンテンポラリー・ダンス。マイケルはゲイだ。二人はお互い警戒心からの誤解が解けず、なかなか打ち解けなかったが、とにかくレッスンは続いた。そのうちリリーはマイケルがゲイ特有の神経過敏で感情過多ではあるが、心底は優しい男だということがわかってきた。この喧嘩しながら打ち解けてゆく過程が、草笛相手の太川が、過去にブロードウエイのコーラスボーイだったという陰影が匂う男を魅力的に演じて、素敵な舞台になった。06年の初演はこの役は今村ねずみだったが、太川のほうがイイね。1933年生まれの草笛はますます老年の輝きをまして、ダンスはおてのものだし、ゴールデンコンビの趣があった。ラストのリリーが病をえて、通院を手伝うマイケルの二人が、眼下のフロリダ湾に射す壮大な夕陽をヴェランダから眺めるシーンは感動的だった。

▼メモ、はて・・・。
[PR]

# by engekibukuro | 2010-06-24 10:25 | Comments(0)